COLUMN コラム

駐車場経営のメリットとデメリット

駐車場経営のメリットは

最近土地オーナー様より、駐車場経営を始めてみたいというお問い合わせを多く頂戴します。そこで今回は、駐車場経営のメリットとデメリットを簡単にまとめてみます。

 

【手軽に始められて転用性が高い】

駐車場経営の最大のメリットは、その「手軽さ」と「転用性の高さ」です。

「手軽さ」に関して、月極駐車場は土地活用の中でも最もリスクが低いと言われています。地面さえしっかりしていれば、トラロープで車室を作るだけですぐに始められます。また、造成工事やアスファルト舗装をした場合でも、金額も数十万円〜数百万円と、他の土地活用に比べると安価な金額で始めることができます。土地の広さや形状に関して、適正な車室の取り方をすれば、様々な土地で活用することができるのも、駐車場経営の魅力です。

さらに、月極駐車場を契約する利用者は、基本的に長期間利用される方が多いため、一度駐車場が埋まると長く安定した経営が可能です。

 

一方、月極駐車場の契約形態は民法上の「一時使用」の契約であり、借地借家法の適用外になります。そのため、月極駐車場を辞めたくなった場合、ある程度の期間を設けて利用者に事前に通知することで解約することができます。

似た土地活用に「コインパーキング」での活用がありますが、月極駐車場とコインパーキングでは、契約期間や提案の内容が少し異なってきます。同じ駐車場でもコインパーキングをご検討の方は、こちらも弊社にご相談ください。

 

そしてもう一つの「転用性の高さ」ですが、土地活用を検討する中で、「万が一の場合の転用性の高さ」は、非常に重要な要素となってきます。そこが気になってなかなか土地活用に踏み出せず、更地のまま土地を放置してしまう地主様が非常に多くいらっしゃいます。しかし、月極駐車場であれば、この心配も他の土地活用と比較すると少なく済みます。「相続のための売却用地」「将来建物建築予定の土地」など、様々な土地での経営が可能になります。

 

駐車場経営のデメリットは

【募集と管理の手間】

 

駐車場経営の最大のデメリットは、「募集と管理の手間」です。

募集に関して、知り合いや地場の不動産管理会社に月極駐車場の募集をお任せしているオーナー様も多いかと思います。しかし、駐車場の募集力は業者によって大きく異なってきます。特に、あまり積極的に募集を行っていない業者に任せてしまった場合、駐車場が埋まらず経営が上手くいかないケースもあります。

そのため、どこの管理会社に駐車場の募集を依頼するかは、月極駐車場経営をする上では非常に重要です。また、インターネット化が進む現代では、インターネットを駆使した利用者の募集が非常に有効です。利用者サイドも月極駐車場を探す際に、不動産屋へ行かずインターネットで検索をされる方が増えてきています。そういったインターネット顧客募集サービスを上手く利用することも、月極駐車場経営を成功させるための秘訣です。

 

また管理に関しては、月極駐車場は基本的に1車室毎にそれぞれ利用者と契約を締結します。そのため、必然的に契約件数が多くなり、賃料滞納のリスクも増加します。当社では、顧客管理から賃料の回収までを一貫して代行するだけでなく、賃料の滞納保証サービスもご用意しており、駐車場経営のデメリットを解消するようなご提案が可能です。

 

実際、オーナー様からだけではなく、不動産管理会社様から駐車場についてのご相談を受けることも多々ございます。月極駐車場のプロである当社にまずはご相談ください。

 

<   一覧に戻る >  
Copyright (c) at PARKING