COLUMN コラム

「空き家」問題も駐車場で解決できます!

よく聞く「空き家」問題の中身とその背景

「空き家」が増えている、という話題はよく聞きますが、実際それをうまく解決している事例は少ないようです。今回は、「空き家」を放置することのリスクと、駐車場を用いて「空き家」問題を解決した事例を中心にお話しさせていただきます。

 

日本では現在、少子高齢化や人口減少が進んでおり、空き家数は846万戸と平成 25年と比べ26万戸も増加しており、空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は13.6%と過去最高となっています。(出展元:総務省統計局による平成30年住宅・土地統計調査)

増え続ける空き家問題に対し、行政では管理が行き届かず倒壊などの恐れがある空き家を「特定空家」として指定しています。「特定空家」に対して、更地と同様の高額な固定資産税をかけて状況の打破を図っており、もし相続などで誰も住む予定のない空き家を所有する予定がある方は、有効活用等の対策が必要になります。

 

これらは大きな社会問題にもなっており、少子高齢社会が進む日本では、空き家の問題はいつ誰に起こってもおかしくないと言われています。実家から遠い場所に住む方が、親から実家を相続した場合、住む人がいなくなればそこは空き家となります。このような場合に、空き家の管理や手入れが行き届かず、放置してしまうケースが多く発生しています。空き家は放置することで老朽化が進み、倒壊の危険性や放火や犯罪の発生、不法投棄、景観の悪化など、トラブルの原因となる可能性があります。

 

適切に管理されていない空き家やいわゆるゴミ屋敷のような衛生上有害となるような空き家、著しく景観を損ねる空き家、そのほか周辺の生活環境に悪影響を与えかねない空き家が2015年5月に「特定空家」に指定されるようになりました。同時に更地と同様、通常の6倍もの固定資産税を課す「空家等対策特別措置法」も施行され、空き家に対しての責任の所在をはっきりさせるとともに、無責任な放置に対して所有者に高額な課税を行う動きが出てきました。

「空き家」を放置するリスクとは

このように、空き家の所有自体がリスクですが、特に「特定空家」に指定されるような、建物の劣化が進んで倒壊の危険性が認められる空き家を所有しているケースはさらに注意が必要になります。なぜなら管轄の自治体から撤去命令が下る可能性があるからです。撤去命令を受けた場合には所有者には命令に従う以外の選択肢はなにもありません。もしも命令に従わずにいると、強制執行となり最終的には解体撤去される可能性もあります。

 

多くの場合は、所有者が自主的に解体撤去を実施すれば、自治体から費用の補助がありますが、「特定空家」に指定されてしまった場合では補助は得られず、全て自己負担となります。つまり、行政から指導が入る前に対応しないと、結果的に自身にとって多額の負担となり不利益になるのです。

 

どんなに関わりないがないと思っている方でも、実家の今後の対応については親族間で計画的な話し合いを行っておくことが大切です。両親が不測の事態に陥ってから慌てるのではなく、将来を見据えて事前に相談するなど早めの対応を心がけることが重要です。

 

「空き家」を駐車場にすることで、税負担を年間10万円軽減

実際に当社にご相談いただいたオーナー様もそのほとんどが、相続のタイミングで「空き家」を所有することになったという方ばかりです。

千葉県内で「空き家」を保有しているあるオーナー様は、普段は東京暮らしの東京勤め。千葉に行くことはほぼなく、最初は3ヵ月に1回、草刈りなどの作業をするために足を運んでいました。ところがだんだん手間になり、それが6ヵ月に1回、1年に1回と頻度が減っていき、とうとうそのまま放置することになってしまったそうです。

そこで当社の方で解体を行い、整地した上で駐車場として活用をスタートしました。結果、管理の手間も省け固定収入が入ってくることで、毎年の税負担も約10万円程軽くなったそうです。

 

相続した家を空き家のまま所有することには一切メリットがございません。そのまま放置せず、何らかの対策を講じることをお勧め致します。建物が古く活用が難しい場合は、建物を取り壊して駐車場等の有効活用を検討することも可能です。活用プランの企画は無料にて承りますので、ぜひご相談ください。

<   一覧に戻る >  
Copyright (c) at PARKING